現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > 塗装の剥がれ 外壁編|長崎県大村市・諫早市の外壁塗装&屋根…

塗装の剥がれ 外壁編|長崎県大村市・諫早市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏りなら田中塗装へ

新着情報スタッフブログ 2020.03.26 (Thu) 更新

みなさん

こんにちは!

長崎県諫早市・大村市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏り補修なら田中塗装へ

地域密着30年、長崎県諫早市・大村市を中心に、外壁塗装&屋根塗装&雨漏り&防水工事などに関する品質保証のサービスをご提供致します!

いつもブログをお読み頂き、誠にありがとうございます。

 

外壁を見てみたら塗装が剥がれてる!!放っておく?分的に補修?全体的にし直す?

どうすればいいのか悩みますよね。結論から言うと、再塗装が必要です。

このまま放っておくと、外壁がどんどん駄目になってしまうからです。

一般的には、築10年で塗装工事必要、と言われていますが、「10年も経っていないのに剥がれた…」と思われた方も、なるべく早く業者に連絡をしてください。

 

どうして「剥がれ」は即塗装が必要なの??

10年が目安と言われていますが、

10年以上経っても塗装の必要のない家はありますし、5年なのにしなければならない家もあります。

なぜ、外壁塗装に剥がれが見つかっただけで、塗り替えを早急にしなければならないの?

それはその剥がれてしまった塗膜こそが、外壁自体を守る役目を果たしているからです。

 

木をモルタルが守り、モルタルを塗膜が守る

簡単に外壁の構造を説明すると、構造体である木・モルタル・塗膜となります。

サイディングも同じく、木・サイディングボード・塗膜です。

役割は、木は構造体なので家自体であり、家を支える役割になります。

モルタルやサイディングの役割は大きくは構造の補強と、燃えない材質なので、火災の防止となり、

塗膜が、モルタルとサイディングの保護の役割です。

モルタルやサイディングボードには防水性がなく、むき出しのままだと雨水を吸収し、崩れていってしまいます。

モルタルが構造である木を守り、塗膜がモルタルを守るという構造なのです。

だからこそ、その防御壁であると塗膜が剥がれているという状態は、モルタルやサイディングが雨水に対してむき出しになってしまっているという事なので、早急に対応しないと外壁塗装だけでは済まず、モルタルのやり替え、サイディングボードの張り替えをしないといけなくなり、費用も高額になってしまいます。

 

なぜ外壁塗装の剥がれるの??

再塗装のサインである外壁の剥がれですが、なぜ起きるのでしょうか?

新築時から10年以上の年数が経って剥がれた場合は経年劣化が主だと思いますが、新築時からや、塗り替えから数年しか経っていないのに、塗装の剥がれが起きてしまった場合は、手抜き工事や、塗装ミスが原因の可能性が高いです。

 

次のブログにて剥がれの原因についてご説明します。

 

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

では、

ご検討中の方はまず、無料で見積相談してみましょうか↓↓↓

無料見積もり・お問い合わせはこちら

お悩んでる方は、ショールームにご来店で施工の原材料をチェックしませんか?↓↓↓

ショールームご来店予約はこちら!WEB予約限定QUOカードプレゼントあり

施工後のイメージを知りたい方は、ほかのお客様の施工事例を確認しましょう↓↓↓

施工事例はこちら!随時更新中

 

 


長崎県諫早市・大村市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏り補修なら

田中塗装へ

〒854-0022 長崎県諫早市幸町2-18
TEL: 0957-23-7428 FAX: 0957-22-8618


 

 

 

 

 

 

 

 

ご相談お見積り診断無料!!お気軽にご相談下さい

0120-939-504電話受付時間9:00~17:00(水曜日定休)

ご相談・お見積り依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにもぜひ他社の見積りと比較してください!!