現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > シーリング|長崎県大村市・諫早市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏…

シーリング|長崎県大村市・諫早市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏りなら田中塗装へ

新着情報スタッフブログ 2020.03.06 (Fri) 更新

みなさん

こんにちは!

長崎県諫早市・大村市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏り補修なら田中塗装へ

地域密着30年、長崎県諫早市・大村市を中心に、外壁塗装&屋根塗装&雨漏り&防水工事などに関する品質保証のサービスをご提供致します!

いつもブログをお読み頂き、誠にありがとうございます。

 

外壁塗装のコーキングとは、建築物を守る役割があります。 建物自体の防水機能を保ったり、サイディングボードを張る際にできるボード間の目地と呼ばれる隙間を埋めることで、建物の耐久性や劣化の防止を行っていきます。

 

シーリング(コーキング)とは、気密性・防水性を保つために、建築物の隙間をふさぐ工事の事ですが、隙間を埋める際のコーキング材やシーリング剤などの材料についてもシーリング(コーキング)と呼んだりします。外壁で言うと外壁にできたクラック(ひび割れ)のままで塗装しても、すぐに剥がれてしまう為、傷をシーリング剤で塞ぐ下地処理をしてから塗装します。シーリング(コーキング)は塗装における重要な工程です。

コーキングとシーリングの違い

コーキングとシーリングって言葉を外壁塗装の見積もりを出してもらう際に初めて聞く方も多いと思います。
業者によって言い方が異なることもあるので、実際にどのような違いがあるのか分からないなんて方もいると思います。

コーキング:水などを防ぐため、継ぎ目やすきまを埋めること。

シーリング:密閉、密封、封をするなど

コーキングとシーリングの意味は同じということになります。
業者によって言い方が異なるというだけであり、実際には同じ工事になります。

 

シーリング劣化の症状

 

シーリングは1度工事をすれば大丈夫!!ではありません。外壁と同じで年々劣化していきます。
シーリングは「弾力性を持った素材」であることがほとんどです。
劣化によってその弾力性が失われることも明らかになっていますが、それ以外にも下記のような劣化症状があります。

 

・シーリング(コーキング)部分のやせ細り

・ひび割れ・断裂

・外壁とシーリング(コーキング)が剥離している

・外壁が部分的に錆び・腐ったりしている

・雨漏り

 

劣化の度合いとしては、まずはシーリング部分がやせ細ってくることから始まり、劣化が進むにつれて「ひび割れ→外壁へのダメージ」と酷くなっていきます。
すでに雨漏りが発生している場合は、シーリングの深刻な劣化が起こっている可能性があるので業者にみてもらってください。

 

 

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

では、

ご検討中の方はまず、無料で見積相談してみましょうか↓↓↓

無料見積もり・お問い合わせはこちら

お悩んでる方は、ショールームにご来店で施工の原材料をチェックしませんか?↓↓↓

ショールームご来店予約はこちら!WEB予約限定QUOカードプレゼントあり

施工後のイメージを知りたい方は、ほかのお客様の施工事例を確認しましょう↓↓↓

施工事例はこちら!随時更新中

 

 


長崎県諫早市・大村市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏り補修なら

田中塗装へ

〒854-0022 長崎県諫早市幸町2-18
TEL: 0957-23-7428 FAX: 0957-22-8618


 

 

 

 

 

 

 

 

ご相談お見積り診断無料!!お気軽にご相談下さい

0120-939-504電話受付時間9:00~17:00(水曜日定休)

ご相談・お見積り依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにもぜひ他社の見積りと比較してください!!