現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > 外壁からの雨漏り注意が必要|長崎県大村市・諫早市の外壁塗装…

外壁からの雨漏り注意が必要|長崎県大村市・諫早市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏りなら田中塗装へ

新着情報スタッフブログ 2020.01.31 (Fri) 更新

みなさん

こんにちは!

長崎県諫早市・大村市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏り補修なら田中塗装へ

地域密着30年、長崎県諫早市・大村市を中心に、外壁塗装&屋根塗装&雨漏り&防水工事などに関する品質保証のサービスをご提供致します!

いつもブログをお読み頂き、誠にありがとうございます。

 

先日は屋根からの雨漏りについてお話しましたが、

雨漏りは屋根からだけではありません。

外壁からも雨漏りします!!

 

外壁から侵入してきた雨漏りは、防水紙や断熱材が水分を吸収します。

そのため、壁に雨染みができにくく、どこの場所から雨漏れしているのかが特定しにくいことも多く、その影響で、雨漏りの発見が遅れることがあります。修理が遅れると家全体にダメージを受ける場合があります。気づくのが遅いという点で屋根からの雨漏りよりも外壁からの雨漏りは注意が必要となります。

外壁から雨漏りする場合の例をご紹介していきます。

 

・経年劣化
年数がたつにつれ壁の防水効果は徐々に劣化していきます。症状として多いのがシーリングの劣化です。シーリングとは壁の隙間を埋めている部分のことですが、このシーリング材が経年劣化によって割れてしまうことがあります。

・損傷
地震・台風などの自然災害によって起きた、壁のひび割れ等の損傷によって雨漏りが発生することもあります。壁が割れるほどの衝撃が家に当たっているため、壁だけでなく家全体が損傷していることもあるので注意が必要です。

 

・施工不良

施工不良の起きやすい場所は、換気口・窓枠などの開口部です。稀なケースとなりますが、新築住宅にて壁から雨漏りしている場合、建築時の施工不良が原因で発生しているかもしれません。

 

外壁からの雨漏りを放置してしまうと、症状が悪化するだけです。シミが広がり、腐食・カビ・害虫の発生などによって壁の強度が落ちてしまいます。すると、台風や地震などの自然災害が起きたときに、建物がもろくなり損壊・倒壊する可能性が高くなってしまうので、外壁からの雨漏りは放置せず、できるだけ早く修理してください。

気になる場合、業者に雨漏り調査を依頼してみましょう。外壁からの雨漏りは、意外なところで発生している場合があります。業者に調査してもらうことで、雨漏りしている部分を正確に判断してもらいましょう。

 

 

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

では、

ご検討中の方はまず、無料で見積相談してみましょうか↓↓↓

無料見積もり・お問い合わせはこちら

お悩んでる方は、ショールームにご来店で施工の原材料をチェックしませんか?↓↓↓

ショールームご来店予約はこちら!WEB予約限定QUOカードプレゼントあり

施工後のイメージを知りたい方は、ほかのお客様の施工事例を確認しましょう↓↓↓

施工事例はこちら!随時更新中

 

 


長崎県諫早市・大村市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏り補修なら

田中塗装へ

〒854-0022 長崎県諫早市幸町2-18
TEL: 0957-23-7428 FAX: 0957-22-8618


 

 

 

 

 

 

 

 

ご相談お見積り診断無料!!お気軽にご相談下さい

0120-939-504電話受付時間9:00~17:00(水曜日定休)

ご相談・お見積り依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにもぜひ他社の見積りと比較してください!!