現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > カバー工法(屋根)について|長崎県大村市・諫早市の外壁塗装…

カバー工法(屋根)について|長崎県大村市・諫早市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏りなら田中塗装へ

新着情報スタッフブログ 2020.01.23 (Thu) 更新

みなさん

こんにちは!

長崎県諫早市・大村市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏り補修なら田中塗装へ

地域密着30年、長崎県諫早市・大村市を中心に、外壁塗装&屋根塗装&雨漏り&防水工事などに関する品質保証のサービスをご提供致します!

いつもブログをお読み頂き、誠にありがとうございます。

 

屋根工事の中には、屋根塗装カバー工法葺き替えがあります。

今回はカバー工法について説明します。

カバー工法とは❔

元の屋根を撤去することなく、その上から新しい屋根材を取り付ける方法です。

                 

カバー工法をする時期はは建物環境にもよりますが、だいたいの目安は築20年頃です。

既存の屋根を解体せず工事が出来る為工期が短く、屋根の解体撤去費用が掛からないので出費が抑えられます。

屋根カバー工法のメリット デメリット

メリット

①工事費用

屋根材の解体や処分がいらないので、費用を安く抑えられます。

②工期期間

カバー工法は解体や撤去が必要ないため、工事期間が短く済む場合があります。

③騒音・ほこり

葺き替え工事に比べると、工事中の騒音やホコリも最小限に抑えることが出来ます。

④遮音性・断熱性が向上

現在の屋根の上から新しく屋根を設置することで厚みが増し、雨音が室内に響くことを軽減できます。また、屋根が二重になることで、猛暑の暑さや冬の寒さを和らげることができます。

デメリット

カバー工法には以下のようなデメリットもあります。

①屋根が重くなる

既存の屋根の上に屋根が乗る状態で二重屋根になるので多少重くなります。

②屋根の劣化状態によっては施工できない

屋根下地が腐食していたり、屋根自体の劣化が激しい場合カバー工法出来ない可能性があります。

③瓦屋根には施工できない

日本瓦・陶器瓦・モルタル瓦なと瓦にカバー工法をするのは難しいのが現状です。

 

屋根カバー工法は葺き替えと違って、施工する屋根を選ぶという特徴があります。

カバー工法をお考えの方は適切な施工方法を判断できる業者に依頼しましょう。

 

では、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

ご検討中の方はまず、無料で見積相談してみましょうか↓↓↓

無料見積もり・お問い合わせはこちら

お悩んでる方は、ショールームにご来店で施工の原材料をチェックしませんか?↓↓↓

ショールームご来店予約はこちら!WEB予約限定QUOカードプレゼントあり

施工後のイメージを知りたい方は、ほかのお客様の施工事例を確認しましょう↓↓↓

施工事例はこちら!随時更新中

 

 


長崎県諫早市・大村市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏り補修なら

田中塗装へ

〒854-0022 長崎県諫早市幸町2-18
TEL: 0957-23-7428 FAX: 0957-22-8618


 

 

 

 

 

 

 

 

ご相談お見積り診断無料!!お気軽にご相談下さい

0120-939-504電話受付時間9:00~17:00(水曜日定休)

ご相談・お見積り依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにもぜひ他社の見積りと比較してください!!