現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > 梅雨時期のトラブル①

梅雨時期のトラブル①

新着情報スタッフブログ 2022.06.24 (Fri) 更新

みなさん、こんにちは!

長崎県諫早市、大村市に地域密着30年以上の外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修専門店田中塗装です!

諫早市・大村市の田中塗装の現場日誌は、屋根塗装・外壁塗装の施工現場・最新情報、屋根塗装・外壁塗装の豆知識、お得なキャンペーン・イベント情報など、屋根塗装・外壁塗装をお考えのお客様にお役に立つ情報を発信しております!

 

今回は梅雨時期に、屋根塗装・外壁塗装工事で起こるトラブルについてご紹介します。
・雨漏りが起きる4つの理由
 
雨漏りと聞いて、最初に思いつくのは「屋根」ですよね??
屋根材問わず、雨漏りが発生する可能性があります。
しかし、外壁からも雨漏りする可能性もございます。 
次のような理由で雨漏りになるトラブルが起こります 

雨樋の詰まり・ゆがみ 

屋根に落ちてきた水滴を、しっかりと地面まで落としていくのが雨樋の役割となります。
落ち葉等が通り道を塞いでしまうと、そこに雨が溜まって、外壁に常に水たまりができてしまって雨漏りにつながります。 

 屋根材の浮き 

板金・スレートの屋根などは、劣化によって浮いてしまいます。
そうなってしまうと、隙間から雨が浸入して雨漏りにつながってしまうので、交換が必要となります。 

コーキング・漆喰の剥がれ、収縮 

外壁と外壁の間を埋めるコーキング材は熱によって収縮します。
隙間が空いてしまいますので、そこから雨が浸入してきます。
また屋根同士を接着する漆喰も劣化すると隙間が空いてしまいますので、常に気を配っておきましょう。 

 屋根材のズレ・ひび割れ 

スレート・トタンなどの金属屋根は、経年劣化によってひび割れてしまいます。
その隙間から雨が浸入して雨漏りにつながってしまうというリスクがあります。
瓦屋根の場合は、台風による「ズレ」に注意してください。 
このように外壁・屋根は定期的にメンテナンスをしておかなければ、トラブルが発生する可能性があります。
防水効果がある塗膜が剥がれたり屋根材自体が劣化したりして、雨漏りにつながってしまうのです。

 

 

諫早市・大村市・長崎市の方で

屋根塗装・外壁塗装をご検討中の方はまず、無料で見積相談してみませんか??

無料見積もり・お問い合わせはこちら

悩んでる方は、ショールームにご来店で施工の原材料をチェックしませんか?

ショールームご来店予約はこちら!WEB予約限定QUOカードプレゼントあり

屋根塗装・外壁塗装の施工後のイメージを知りたい方は、ほかのお客様の施工事例を確認しましょう❕❕

施工事例はこちら!随時更新中

 

 

 

 


田中塗装の塗装専門ショールームはオープン中!

ショールームご来店予約:こちらをクリック

ご相談見積もり外壁診断雨漏診断無料です

お気軽にお電話でご相談ください!!

0120-939-504電話受付 9:00~17:00(日曜日定休)

 

ご相談お見積り診断無料!!お気軽にご相談下さい

0120-939-504電話受付時間9:00~17:00(日曜日定休)

ご相談・お見積り依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにもぜひ他社の見積りと比較してください!!