現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > 屋根の種類

屋根の種類

新着情報スタッフブログ 2021.11.05 (Fri) 更新

みなさん、こんにちは!

長崎県諫早市、大村市に地域密着30年以上の外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修専門店田中塗装です!

田中塗装の現場日誌は、施工現場の最新情報、塗装の豆知識、お得なキャンペーン・イベント情報など、お客様にお役に立つ情報を発信しております!

 

11月に入り、寒くなるのかなーと思ってましたが日中は結構あつい日もありますね💦

お昼は暑く、夜になると寒いので🥶

温度差が激しいので、皆様風邪を引かないように気を付けましょう💦

 

普段目にする周りの家の形は色々とちがいますよね。

屋根の形もいろいろあり意外と多く、現在8種類以上の屋根があります。

今回は7種類の屋根の形をご紹介したいと思います。

 

切妻屋根(きりづまやね)

切妻屋根は、左右対称に山のように傾いた屋根のことを指します。日本においては最も多く、よく見る馴染みがある屋根の形だと思います。

寄棟屋根(よせむね)

寄棟屋根は、切妻屋根の左右に傾いた屋根が設置された4面の屋根のことを指します。最近の住宅に多い屋根となります。

入母屋屋根(いりおもや)

入母屋屋根は、上記でご紹介した寄棟屋根の上に、切妻屋根が乗っかっているような形の屋根のことを指します。

片流れ屋根(かたながれ)

片流れ屋根は、1面だけの屋根が傾いた形のことを指します。太陽光発電を設置する家では推奨されることもあります。

方形屋根(ほうぎょうやね)

方形屋根は、形が同じ三角形が四方に設置された4面の屋根になります。

陸屋根(りくやね・ろくやね)

陸屋根は、勾配がない平面の屋根のことを指します。

はかま腰屋根(はかまごしやね)

はかま腰屋根は、切妻屋根の左右の端に小さい斜面がついた屋根のことを指します。隅切屋根や半切妻屋根、ドイツ屋根などとも呼ばれます。

7つの屋根の種類をご紹介しました。

ご自宅の屋根はどんな形ですか??^^

 

 


田中塗装の塗装専門ショールームはオープン中!

ショールームご来店予約:こちらをクリック

ご相談見積もり外壁診断雨漏診断無料です

お気軽にお電話でご相談ください!!

0120-939-504電話受付 9:00~17:00(日曜日定休)

 

ご相談お見積り診断無料!!お気軽にご相談下さい

0120-939-504電話受付時間9:00~17:00(日曜日定休)

ご相談・お見積り依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにもぜひ他社の見積りと比較してください!!