現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > 雨の時にできる工程・できない工程|長崎県長崎市の外壁塗装&…

雨の時にできる工程・できない工程|長崎県長崎市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏りなら田中塗装へ

新着情報スタッフブログ 2021.05.19 (Wed) 更新

みなさん

こんにちは!

長崎県長崎市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏り補修なら田中塗装へ

地域密着30年、長崎県諫早市・大村市を中心に、外壁塗装&屋根塗装&雨漏り&防水工事などに関する品質保証のサービスをご提供致します!

 

本日は雨の日でもでできる工程・できない工程をご紹介します。

雨の日にできる工程・できない工程

梅雨時期は、雨が降る日が多くなります。雨の日に塗装は行うことができず、中止になることもあります。工事内容によっては、雨の日にでも作業できることもあります。外壁塗装工事では、様々な工程がるので、雨の日にできる工程・できない工程があります。
工程の順番のタイミングがよければ、「塗装」以外の作業を、雨の日に行うこともできます。

・足場の組み立て
・養生作業
・高圧洗浄
・塗装後、養生を剥がす作業
・その他、掃除などの片付け

工程によってはできることは多くあります。
しかし、風が強い日やその他の環境により中止になることはあります。その日の天候に合わせて、スケジュール調整などが行われると思います。施工業者から報告をこまめにもらうなどコミュニケーションをとり、状況を把握しておきましょう。

雨の日にできない作業は、塗料を塗る作業です。
外壁塗装の工事で塗料を塗る工程は下塗り・中塗り・上塗りと三回塗りが一般的ですが、塗料や業者によって変わってくるので、詳しくは施工する業者へ確認してください。

雨の日に外壁の塗装をした場合、

・塗料が雨で流れる
・塗膜剥離・ひび割れなどの劣化が起こる可能性がある
・塗料に雨が落ち、まだらな仕上がりになる
・光沢が低下する

このような問題が出てくる可能性があります。

そうなった場合、もう一度塗装をしたというような事例もあります。
外壁の塗装は、必ず雨が降っていない日に行う必要があります。

急に雨が降り出してきた場合、すぐ施工をやめ、影響がないように対応をしてもらいましょう。施工業者は、雨が降りやすい梅雨だからこそ、気をつけて作業してくれていますが、塗装をしたあとに、雨が降ってきた場合も心配になりますよね。
この場合、心配な時は、業者の方に相談をして、外壁を見てもらいましょう。
工事の最中は雨風を防げるカバーをするので、塗装後に雨が降ってきたとしても直接雨にさらされることはありません。

気になる事などあれば業者の方に聞いてみて、安心して塗装工事を始めてもらいましょう。

 

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

では、

ご検討中の方はまず、無料で見積相談してみましょうか↓↓↓

無料見積もり・お問い合わせはこちら

お悩んでる方は、ショールームにご来店で施工の原材料をチェックしませんか?↓↓↓

ショールームご来店予約はこちら!WEB予約限定QUOカードプレゼントあり

施工後のイメージを知りたい方は、ほかのお客様の施工事例を確認しましょう↓↓↓

施工事例はこちら!随時更新中

 

 


長崎県諫早市・大村市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏り補修なら

田中塗装へ

〒854-0022 長崎県諫早市幸町2-18
TEL: 0957-23-7428 FAX: 0957-22-8618


 

 

 

 

 

 

 

 

ご相談お見積り診断無料!!お気軽にご相談下さい

0120-939-504電話受付時間9:00~17:00(水曜日定休)

ご相談・お見積り依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにもぜひ他社の見積りと比較してください!!