現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > 屋根の構造や屋根に関する用語①|長崎県大村市・諫早市の外壁…

屋根の構造や屋根に関する用語①|長崎県大村市・諫早市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏りなら田中塗装へ

新着情報スタッフブログ 2020.02.15 (Sat) 更新

みなさん

こんにちは!

長崎県諫早市・大村市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏り補修なら田中塗装へ

地域密着30年、長崎県諫早市・大村市を中心に、外壁塗装&屋根塗装&雨漏り&防水工事などに関する品質保証のサービスをご提供致します!

いつもブログをお読み頂き、誠にありがとうございます。

 

 

屋根と言っても様々な部位からできています。一つ一つ名称はわからないですよね。

そこで、屋根の構造や屋根に関する用語をお伝えします。

 

 

屋根の構造や屋根に関する用語

今回は屋根の構造をここで説明します。

 

 

屋根構造の基本は「垂木」「野地板」「ルーフィング」の3つの部材の上に、スレートや瓦など屋根材が設置され構成されています。「垂木」「野地板」「ルーフィング」の3つは、どんな屋根の種類でも、ほとんど構造や機能は一緒です。構造上、基本的に大事な屋根構造の3要素となります。

 

・垂木

屋根の棟から軒に向かい、傾斜をつけ設置する棒状の部材です。約45cm間隔で配置し、上に敷く屋根材を支えます。

 

・野地板

屋根を葺くための下地になる板です。厚さは1.2cm程度のものがよく使われます。
野地板は垂木の上に張ります。

 

・ルーフィング

野地板の上に、雨水を防水する防水シート(ルーフィング)を施工します。 この防水シートが破れるたり裂けると、雨漏りが発生します。布にアスファルトを塗布したもので、防水に広く使われています。

 

代表的な屋根材である「瓦屋根」「スレート屋根」「トタン屋根」の場合は、以下のような構造になります。

・瓦屋根

 

前は、瓦をのせているだけでしたが、今は、地震・突風などでずれないように釘止めするのが通常です。

 

・ストレート屋根

 

スレート屋根は、錆びにくいステンレス釘2本を野地板に打ち固定されています。ステンレスクギではなく、ステンレスビスで固定し、より耐風性を高めることもあります。

 

・トタン屋根

 

トタン屋根の中で、一番施工数が多いのが「かわら棒葺き」と言います。かわら棒の中には、木材が入っているので、かわら棒の側面両方からスクリュークギでトタンを固定します。

 

屋根には用語もたくさんあります。

次のブログでは屋根に関する用語を紹介していきます。

 

 

 

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

では、

ご検討中の方はまず、無料で見積相談してみましょうか↓↓↓

無料見積もり・お問い合わせはこちら

お悩んでる方は、ショールームにご来店で施工の原材料をチェックしませんか?↓↓↓

ショールームご来店予約はこちら!WEB予約限定QUOカードプレゼントあり

施工後のイメージを知りたい方は、ほかのお客様の施工事例を確認しましょう↓↓↓

施工事例はこちら!随時更新中

 

 


長崎県諫早市・大村市の外壁塗装&屋根塗装&雨漏り補修なら

田中塗装へ

〒854-0022 長崎県諫早市幸町2-18
TEL: 0957-23-7428 FAX: 0957-22-8618


 

 

 

 

 

 

 

 

ご相談お見積り診断無料!!お気軽にご相談下さい

0120-939-504電話受付時間9:00~17:00(水曜日定休)

ご相談・お見積り依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにもぜひ他社の見積りと比較してください!!