現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 外壁塗装・屋根塗装の基礎知識

現場日誌・現場ブログ

外壁塗装・屋根塗装の基礎知識の記事一覧

詳細を選ぶと見たい​情報がソートされます

【2024.6.12】外壁塗装のDIYがお勧めできない理由

みなさん、こんにちは! 長崎県諫早市、大村市、長崎市に地域密着30年以上の外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修専門店の田中塗装です。   外壁塗装をDIYしようかな??と考えている方!! 今回は外壁塗装のDIYについてお話していきます。   外壁塗装のDIYがお勧めできない理由 ご自宅の内装や棚のDIYが人気を集める中、外壁塗装のDIYについてはあまりお勧めできない理由をお話しします。外壁塗装のDIYには、主に以下の2つの大きな問題があります。 危険 長持ちしない 1. 危険 外壁塗装の最も大きなリスクは、その作業が非常に危険であるということです。一般的な2階建ての家の高さは約7~9メートルにもなります。この高さでの作業はプロの職人でも足場を設置して行いますが、個人が足場を借りるとなると30日で約20~25万円と高額です。そのため、多くのDIY愛好者はハシゴや脚立を使います。しかし、これらの道具はしっかりと固定されていないと非常に危険です。実際に以下のような事故が報告されています。 ハシゴから落ちて骨折した 屋根に乗って塗装中につまずいて落ちそうになった ハシゴがずれて塗料をこぼしてしまった さらに、屋根塗装中の転落事故や、エアコンの室外機やボイラーを養生したまま稼働させて排気ができずに爆発する事故も報告されています。これらのリスクを考えると、外壁塗装のDIYは非常に危険であり、プロに任せるべきです。 2. 長持ちしない 外壁塗装のDIYには、耐久性の問題もあります。ホームセンターで販売されているDIY用の塗料は、初心者でも扱いやすいように設計されていますが、プロの業者が使用する塗料に比べると耐久性が劣ります。同じシリコン系の塗料でも、DIY用のものは業者用のものと比べて耐久年数が短くなります。 さらに、ネット通販で業者用の塗料を購入することも可能ですが、初心者がメーカーの規定通りに塗料を塗るのは難しいです。塗料を均一に塗ることができず、塗り残しやムラが生じることが多いです。そのため、塗料が持つ本来の耐久性が発揮されず、期待していたよりも早く劣化してしまうことがあります。実際に以下のような声が寄せられています。 しっかり塗装できたと思ったのに、1年で剥がれてきた 塗るだけだと思ったら意外に難しくてムラが目立つようになった このような理由から、外壁塗装のDIYは長持ちしない可能性が高く、結果としてコストパフォーマンスが悪くなります。 まとめ ご自宅の内装や棚のDIYは楽しく、成功した時の達成感も大きいですが、外壁塗装については話が別です。外壁塗装のDIYには危険が伴い、適切な耐久性を保つのも難しいため、プロの業者に依頼することを強くお勧めします。プロに任せることで、安全性が確保され、長期間にわたって美しい外壁を保つことができます。安全と耐久性を考慮して、外壁塗装はプロに任せるのが賢明です。 =================================== 最後までお読みいただきありがとうございました。 諫早市・大村市で外壁塗装・屋根塗装でお悩みの方はお気軽に田中塗装にお問い合わせ下さい。 田中塗装ではご相談・お見積もり・現地調査全て無料です!! お問い合わせはこちらから ※お電話での受付もお待ちしておりますのでお気軽にご連絡ください!! フリーダイヤル:0120-939-504 ショールームへの来店予約はこちらから 外壁塗装・屋根塗装のメニューはこちらから 田中塗装の施工事例はこちらから   田中塗装の塗装専門ショールームはオープン中! ショールームご来店予約:こちらをクリック [myphp file="comContactTel"]   2024年06月12日 更新 詳しく見る
外壁塗装・屋根塗装の基礎知識スタッフブログ外壁塗装のご相談

【2024.6.8】屋根塗装・外壁塗装にかかる水道代②

外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修専門店の田中塗装です。 みなさん、こんにちは!諫早市、大村市、長崎市で地域密着に事業を行っております。 諫早市の方へ!助成金受付中です 外壁塗装を検討している方々へ、前回の続きで今回は外壁塗装にかかる水道代の注意点と電気代について詳しく説明します。これから塗装を行う際の参考にしてください。 目次 ●外壁塗装にかかる水道代の注意点 ●水道代を安くしようとする際の注意点 ●電気代はかかるのか  外壁塗装にかかる水道代の注意点  水道代を安くしようとする際の注意点 高圧洗浄の際に水道代を安くしようと業者に依頼するのは避けた方が良いでしょう。なぜなら、水道代を節約しようとする依頼が原因で、業者が洗浄作業を適当に行い、結果的に施工不良が起こるリスクがあるからです。 不十分な高圧洗浄では、古い塗膜がしっかりと取り除けず、新しい塗装が密着不良を起こし、早期に剥がれる原因になります。信頼できる業者を選び、必要な水道代を理解して適切な洗浄を依頼しましょう。 良心的な業者は、水道代を節約するための工夫をしています。例えば、高圧洗浄時にフロート装置付きのタンクを使用することで、水が満杯になると自動的に水道を止め、無駄な水の使用を防ぎます。このような工夫により、水道代を抑えつつ、しっかりとした洗浄が可能になります。  電気代はかかるのか? 外壁塗装の際に電気代がかかることもありますが、その使用量はごくわずかです。具体的な作業としては、以下のような場合に電気を使用します。 ケレン作業: サビや既存塗膜の除去作業に電気工具を使用する場合。 撹拌作業: 塗装の種類によっては、塗料を混ぜ合わせる撹拌機を使用する場合。 これらの作業にかかる電気代は微々たるものであり、全体の塗装費用に大きな影響を与えることはありません。電気代が気になる場合でも、これらのコストは塗装全体の品質を保つために必要なものです。 まとめ 高圧洗浄を正しく行わないと、新しい塗装がすぐに剥がれてしまうリスクがあるため、費用を節約するためにも、必要な水道使用を適切に理解しておくことが大切です。 また、塗装作業にかかる電気代はごくわずかであり、全体の費用に大きな影響を与えることはありません。信頼できる業者を選び、適切なコスト管理を行うことで、満足のいく仕上がりを実現できます。 諫早市の助成金制度を活用し、効率的に外壁塗装を行いましょう。信頼できる業者と相談しながら、適切なコスト管理を行うことで、満足のいく仕上がりを実現できます。       =================================== 最後までお読みいただきありがとうございました。 諫早市・大村市で外壁塗装・屋根塗装でお悩みの方はお気軽に田中塗装にお問い合わせ下さい。 田中塗装ではご相談・お見積もり・現地調査全て無料です!! お問い合わせはこちらから ※お電話での受付もお待ちしておりますのでお気軽にご連絡ください!! フリーダイヤル:0120-939-504 ショールームへの来店予約はこちらから 外壁塗装・屋根塗装のメニューはこちらから 田中塗装の施工事例はこちらから   田中塗装の塗装専門ショールームはオープン中! ショールームご来店予約:こちらをクリック [myphp file="comContactTel"]   2024年06月08日 更新 詳しく見る
外壁塗装・屋根塗装の基礎知識スタッフブログ外壁塗装のご相談

【2024.5.24】下塗り塗装

  諫早市、大村市、長崎市の皆様こんにちは! 施工事例2000件以上の外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修専門店の田中塗装です。   今回は下塗りの役割・大切さについてご紹介します。   外壁塗装工事はクリア塗装を除き、三回塗りを行います。 高圧洗浄→下塗り→中塗り→上塗りといった順番で塗装工事をします。   下塗りの役割 密着性を高める 下塗りは外壁材と中塗り・上塗り塗装の密着をよくするために行います。 外壁材とそれを守る塗料(中塗り・上塗り材)をくっつける接着剤の役割があります。 下塗り塗装をしっかりと行うことで、塗膜の剥がれ等防ぐことができます。 下塗り塗装をしっかり行っていない場合・・・ 密着できていない部分から塗膜の剥がれ・膨れなどが起こる可能性があります。 たとえどれだけ性能のいい塗料を使用したとしても、 下塗りがしっかりと施工できていなければ全く意味のない工事になってしまいます。 外壁の下地補修 下塗りは種類によって外壁の下地補修を兼ねる場合もあります。 下塗りといってもたくさんの種類があり、外壁の状態や種類によって適切な下塗りが異なってきます。 例えば・・・外壁にヘアクラック(髪の毛ほどの細いひび割れ)がある場合は、 少し厚みのある下塗りを使うことによって、小さなクラックを埋めることができます。 接着剤兼下地補修の役割を持つこともあります。 また、状態が悪い外壁・屋根には普通に塗装をすると外壁材が塗料を吸い込んでしまい、 そうなると塗料の性能が落ちてしまったり仕上りにムラが出たりします。 それを防ぐためには、劣化が激しい外壁に吸い込みを抑えることに特化した下塗りを使います。 他にも鉄部にサビの腐食を抑制するサビ止めを使ったり、 木部には木のしなりに耐えられるよう柔軟性のある下塗りを使ったりします。 まとめ 下塗りといってもたくさんの種類があります。 下塗りは外壁の状態と種類によって使い分けが必要です。 いくら高価で性能の高い塗料を使っても、下塗りが合っていないと その性能を十分に発揮できない可能性があります。 下塗りはとても大切な工事です。   =================================== 最後までお読みいただきありがとうございました。 諫早市・大村市で外壁塗装・屋根塗装でお悩みの方はお気軽に田中塗装にお問い合わせ下さい。 田中塗装ではご相談・お見積もり・現地調査全て無料です!! お問い合わせはこちらから ※お電話での受付もお待ちしておりますのでお気軽にご連絡ください!! フリーダイヤル:0120-939-504 ショールームへの来店予約はこちらから 外壁塗装・屋根塗装のメニューはこちらから 田中塗装の施工事例はこちらから   田中塗装の塗装専門ショールームはオープン中! ショールームご来店予約:こちらをクリック [myphp file="comContactTel"]   2024年05月24日 更新 詳しく見る
外壁塗装・屋根塗装の基礎知識スタッフブログ外壁塗装のご相談

【2024.5.21】梅雨前にチェック

  みなさん、こんにちは! 長崎県諫早市、大村市、長崎市に地域密着30年以上の外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修専門店の田中塗装です。   5月に入り、梅雨時期に近づいてきましたね☔ 梅雨に入る前に、「ここだけはチェックしてほしい!」というポイントをいくつかご紹介します。以下で紹介するポイントをチェックしてみて、何らかの不具合を見つけた場合には、梅雨の前に修理しておくのがオススメです❕❕ 梅雨前にチェックしておきたい箇所   屋根材に割れが無いかチェック 長く使用した屋根材は、割れ・ズレなどが生じてしまっている場合があります。屋根材の割れ・ズレはそこからの水の侵入を許してしまうので、梅雨の前に修理したほうがいいです。 棟板金のチェック スレートや金属屋根の場合、屋根の頂上部分に棟板金が施工されています。棟板金は釘やコーキングで固定されているのですが、経年劣化で固定が緩んでしまいます。板金の固定が緩んでしまったら、その部分に隙間ができ、水の侵入を許してしまいます。 塗装の劣化をチェック 屋根・外壁に施工されている塗装の劣化も注意です。特に屋根の場合、塗装の効果が切れてしまうと、屋根表面にコケのようなものが繁殖し、それらが水分を長く保ってしまうことになります。そのため、屋根が常に高湿に保たれてしまい、屋根下地などの劣化を招きます。 コーキングの劣化をチェック   コーキングの劣化も雨漏り原因となります。窓枠・ドア枠・外壁材の継ぎ目部分など、住宅のいろいろな部分にコーキングが施されています。ひび割れや脱落がないかチェックしてみください。 外壁にひび割れやクラックがないかをチェック   ひびの厚みが0.3mm以下の、ヘアクラックと呼ばれるひび割れです。 軽微な細いひびであり、外壁表面のみに発生しているので、雨漏りにはなりません。 しかし、ヘアクラックの状態が悪化してしまうと、雨漏りとなる大きなひび割れとなります。   屋根外壁の劣化無料診断を!! 上記のチェックに一つでも当てはまる箇所がありましたら、梅雨が来る前にきちんとお家の点検をしましょう!! 屋根の上はご自身での確認は大変危険ですので信頼できる業者に、まずは無料診断を依頼してください!!   =================================== 最後までお読みいただきありがとうございました。 諫早市・大村市で外壁塗装・屋根塗装でお悩みの方はお気軽に田中塗装にお問い合わせ下さい。 田中塗装ではご相談・お見積もり・現地調査全て無料です!! お問い合わせはこちらから ※お電話での受付もお待ちしておりますのでお気軽にご連絡ください!! フリーダイヤル:0120-939-504 ショールームへの来店予約はこちらから 外壁塗装・屋根塗装のメニューはこちらから 田中塗装の施工事例はこちらから   田中塗装の塗装専門ショールームはオープン中! ショールームご来店予約:こちらをクリック [myphp file="comContactTel"]   2024年05月21日 更新 詳しく見る
外壁塗装・屋根塗装の基礎知識スタッフブログ外壁塗装のご相談

【2024.5.14】木造外壁

  諫早市、大村市、長崎市の皆様こんにちは! 施工事例2000件以上の外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修専門店の田中塗装です。   今回は木造外壁を塗装する際についてです。 外壁材の特徴を理解する 木造外壁は、木材の特性に基づく課題があります。木材は湿度や気温の変化に敏感であり、腐朽や虫害のリスクがあります。また、紫外線や気候条件により変色する可能性も高いです。これらの特性を理解し、適切な塗装を行うことが重要です。 適した塗料を選ぶ 木造外壁に適した塗料を選ぶことが重要です。木材に浸透するタイプの塗料や表面に塗膜を形成するタイプの塗料などがあります。また、木材の保護や変色防止のために、防腐・防蟻成分や紫外線吸収剤を含んだ塗料を選ぶことが望ましいです。 下地処理を行う 塗装前には、外壁の下地処理が必要です。高圧洗浄機などを使用して汚れを除去し、表面の凹凸や毛羽立ちを取り除くことで塗料の密着性を向上させます。また、必要に応じて木材の補修や補強も行います。 適切な塗装手順を守る 下塗りと上塗りを丁寧に行うことが重要です。木材専用の下塗り用塗料を使用し、乾燥後に表面をサンドペーパーで研磨して均一な下地を作ります。その後、上塗り用の塗料を2回以上塗布し、均一な塗膜を形成します。 安全を確保する 塗装作業中は安全に配慮することが不可欠です。適切な安全装備や作業服を着用し、高所作業の際には安全な足場や安全帯を使用します。また、塗料の取り扱いには適切な換気を確保し、火気や高温を避けるようにします。 定期的なメンテナンスを行う 塗装が完了した後も、定期的なメンテナンスが重要です。外壁の状態を定期的に点検し、必要に応じて補修や塗装の再施工を行うことで、外壁の耐久性と美観を保ちます。 これらの手順と考慮事項を遵守することで、木造外壁の塗装を効果的に行い、美しい外観と耐久性を実現できます。     =================================== 最後までお読みいただきありがとうございました。 諫早市・大村市で外壁塗装・屋根塗装でお悩みの方はお気軽に田中塗装にお問い合わせ下さい。 田中塗装ではご相談・お見積もり・現地調査全て無料です!! お問い合わせはこちらから ※お電話での受付もお待ちしておりますのでお気軽にご連絡ください!! フリーダイヤル:0120-939-504 ショールームへの来店予約はこちらから 外壁塗装・屋根塗装のメニューはこちらから 田中塗装の施工事例はこちらから   田中塗装の塗装専門ショールームはオープン中! ショールームご来店予約:こちらをクリック [myphp file="comContactTel"]   2024年05月14日 更新 詳しく見る
外壁塗装・屋根塗装の基礎知識スタッフブログ外壁塗装のご相談

【2024.4.15】屋根塗装

諫早市、大村市、長崎市の皆様こんにちは!施工事例2000件以上の外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修専門店の田中塗装です。     本日は、屋根塗装を行う目安について書いていこうと思います。   屋根塗装を行う目安について   屋根塗装は以下の症状を塗り替えの目安としてください。   屋根塗装の目安 前回の塗装や新築から約10年後が目安。 劣化状況に応じて判断が最適。 自己点検の注意 屋根の自己点検は危険なので、気になる場合は専門業者に依頼することが安全。   塗り替えの目安となる症状 屋根の破損 一部にひび割れや欠損が見られる場合は修繕が必要。 塗装だけでは解決しないケースもあるが、経年劣化による場合は屋根塗装が必要。 修繕と塗装を同時に行うことで塗装費用を節約可能。   屋根の色褪せ 色が薄くなったり、色あせている場合は屋根塗装が必要。 色あせは劣化のサインであり、見えない部分が破損している可能性も考えられる。 10年経過して色あせが進んでいる場合、専門家に見てもらうことが推奨される。   塗装の剥がれ 塗装が剥がれている場合は塗り替えが必要。 剥がれを放置すると紫外線や雨により劣化が進むため、早めの対処が必要。 屋根素材の寿命を短くするおそれがあるため、剥がれが見られる部位は塗り替えを検討。   塗装作業における足場の重要性 屋根塗装を行う場合、足場が必要。 外壁塗装と同時に行うことで足場代を節約できる。 同時に行うことで作業効率も上がり、総費用の削減につながる。   まとめ 屋根塗装の目安は約10年であり、破損や色褪せ、塗装の剥がれなどの症状が見られる場合は塗り替えが必要。 自己点検は危険なので専門業者に依頼し、修繕と塗装を同時に行うことで費用節約が可能。 足場は必要不可欠であり、外壁と屋根の塗装を同時に行うことで効率的に作業を進められる。   =================================== 最後までお読みいただきありがとうございました。 諫早市・大村市で外壁塗装・屋根塗装でお悩みの方はお気軽に田中塗装にお問い合わせ下さい。 田中塗装ではご相談・お見積もり・現地調査全て無料です!! お問い合わせはこちらから ※お電話での受付もお待ちしておりますのでお気軽にご連絡ください!! フリーダイヤル:0120-939-504 ショールームへの来店予約はこちらから 外壁塗装・屋根塗装のメニューはこちらから 田中塗装の施工事例はこちらから   田中塗装の塗装専門ショールームはオープン中! ショールームご来店予約:こちらをクリック [myphp file="comContactTel"]   2024年04月15日 更新 詳しく見る
劣化症状外壁塗装・屋根塗装の基礎知識スタッフブログ

【2024.3.18】屋根塗装と外壁塗装を同時に行うメリット

みなさん、こんにちは!長崎県諫早市、大村市、長崎市に地域密着30年以上の外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修専門店の田中塗装です。   今回は「屋根塗装と外壁塗装を同時に行うメリット」についてお話したいと思います。 外壁塗装と屋根塗装を同時に行うことには、多くのメリットがあります❕❕   まず、費用の面でのメリットは大きいです。通常、建物の塗装工事には足場代が大きな費用の一部を占めますが、外壁と屋根の塗装を別々に行うと、それぞれに足場を組む必要があります。しかし、同時に行うことで足場の組み立てが1度のみで済むため、足場代を1回分のみで済ませることができます。特に、2階建ての場合は二重の足場代を支払う必要がなくなり、大幅な節約が見込めます。これにより、外壁と屋根の塗装を一緒に行う方が費用を抑えることができます。 また、同時に行うことで建物全体の外観が統一され、新築のような印象を与えることができます。外壁と屋根を同時に塗り替えることで、建物が一体感を持ち、美しく見えるだけでなく、所有者の気分も一新されます。新しい外観を楽しむことで、建物への愛着も深まるでしょう。 さらに、防水機能の向上も同時に行うことで期待できます。外壁や屋根の塗装には防水性を向上させる効果があり、これにより建物全体の防水機能が向上します。特に、防水性が低いままだと、建物内部に水が浸入し、雨漏りのリスクが高まります。しかし、塗装によって防水性を大幅に向上させることで、雨漏りのリスクを軽減することができます。建物の耐久性やメンテナンスの負担を考えると、防水機能の向上は非常に重要です。 これらのメリットを考えると、外壁塗装と屋根塗装を同時に行うことは非常に有益です。建物の外観を美しく保ち、耐久性や防水機能を向上させることで、所有者の安心感も得られるでしょう。そのため、外壁塗装と屋根塗装を同時に行うことは、建物の保護や価値を高める上で重要なステップです。     =================================== 最後までお読みいただきありがとうございました。 諫早市・大村市で外壁塗装・屋根塗装でお悩みの方はお気軽に田中塗装にお問い合わせ下さい。 田中塗装ではご相談・お見積もり・現地調査全て無料です!! お問い合わせはこちらから ※お電話での受付もお待ちしておりますのでお気軽にご連絡ください!! フリーダイヤル:0120-939-504 ショールームへの来店予約はこちらから 外壁塗装・屋根塗装のメニューはこちらから 田中塗装の施工事例はこちらから   田中塗装の塗装専門ショールームはオープン中! ショールームご来店予約:こちらをクリック [myphp file="comContactTel"]   2024年03月18日 更新 詳しく見る
外壁塗装・屋根塗装の基礎知識新着情報スタッフブログ

【2024.3.9】カラーシュミレーション

諫早市、大村市、長崎市の皆様こんにちは!施工事例2000件以上の外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修専門店の田中塗装です。   屋根塗装・外壁塗装を考えた時に、「色」に悩みますよね。 外壁塗装や屋根塗装工事を行う時に重要となるのが色選びです!!「この家に何色が合うかな?」「今の外壁の色からイメージを変えて〇〇色って合うかな?」「明るい色にしたいけど、近所から浮かないかな?」 など、お悩みになっている方も多いと思います。 色選びで悩まれる前に正しい知識を得て満足いく工事を実現しましょう。 屋根塗装・外壁塗装工事は高額なので失敗は嫌。 なので、後悔しない色を選びたい!!ですよね。 そんなときに役立つのが、カラーシミュレーションです。 施工後がイメージできるので、失敗する可能性が低くなり、安心できるとおもいます^^ このように気になるカラーを色々と選べ、一階と二階の色を分けたり、玄関・ベランダ等の場所も可能です。 お客様の住んでいるご自宅の写真で色を作成致しますので、 よりイメージしやすく仕上がりの比較が出来ると思います!! お客様のご要望をお聞かせ頂き、ご提案もさせて頂きますのでお気軽にお問い合わせください。 色選びの参考にカラーシュミレーションをお試しください^^       =================================== 最後までお読みいただきありがとうございました。 諫早市・大村市で外壁塗装・屋根塗装でお悩みの方はお気軽に田中塗装にお問い合わせ下さい。 田中塗装ではご相談・お見積もり・現地調査全て無料です!! お問い合わせはこちらから ※お電話での受付もお待ちしておりますのでお気軽にご連絡ください!! フリーダイヤル:0120-939-504 ショールームへの来店予約はこちらから 外壁塗装・屋根塗装のメニューはこちらから 田中塗装の施工事例はこちらから   田中塗装の塗装専門ショールームはオープン中! ショールームご来店予約:こちらをクリック [myphp file="comContactTel"]   2024年03月09日 更新 詳しく見る
色選びのコツ外壁塗装・屋根塗装の基礎知識新着情報スタッフブログ外壁塗装のご相談

【2024.3.5】外壁塗装をしないのは危険

  みなさん、こんにちは!長崎県諫早市、大村市、長崎市に地域密着30年以上の外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修専門店の田中塗装です。   今回は外壁塗装を行わないのはなぜ危険なのか紹介致します。 目次 外壁塗装を行わないのはなぜ危険 何のために外壁塗装があるのか 塗装を一度行えば放置しても良いのか 劣化症状が出るまで放置でも大丈夫か まとめ 外壁塗装を行わないのはなぜ危険❔ ご自宅の外壁等に不具合はないですか? 外壁のひび割れ・塗膜の剥がれをそのままの状態で放置していると最悪の場合、高額な費用が発生してしまうこともあります。 外壁塗装を10年、20年と塗り替えをせず放置したままにしておくと非常に危険です⚠ 15年以上塗り替えを行われていないのであれば、家に深刻なダメージがあるかもしれません。 この先も大切なお家に住み続ける場合、早めに外壁塗装を行うことをご検討ください。 何のために外壁塗装があるのか お家の壁は何で守られて作られているかというと外壁材になります。 お家は外壁材があることで紫外線や雨風、台風などからも守られます。 しかし、劣化していき外壁材がボロボロになると紫外線を浴びてしまったり、雨水が入ってきたり、強風が入り込んでくる事態につながります。 また、お家は塗料によっても守られており、外壁塗装を行うことで塗料が紫外線や雨水などから外壁を守ります。 塗装を一度行えば放置しても良いの?? 外壁塗装は塗料の性能にもよりますが約10年~12年のサイクルで行う必要があります。 外壁がご自宅を守ってくれるため、常に環境が与えるダメージからお家を守り続けることで徐々に劣化が起こり塗装がひび割れたり剥がれたりしていきます。 塗料のグレードによりますが、塗料の耐用年数が約7~20年の幅があるのも塗り替えて補強していくことを考えているからになります。 ですので、一度塗り替えを行った後そのまま放置せず、周期的に塗装を行う必要があります。 劣化症状が出るまで放置でも大丈夫か 外壁にひび割れ・塗膜の剥がれも発生していないからまだ大丈夫!! かというとそうではありません。 目で劣化症状が見えなくても実際は塗料の耐用年数が過ぎていたり、表面の劣化ではなく内部に劣化症状が起きている場合もあります。 そのため、塗料の性能にもよりますが最低でも約10~12年サイクルで外壁塗装を行うのがおすすめです。 まとめ 外壁の劣化を何もせずにそのまま放置しているのは大変危険です!! 最悪の場合・・・塗装だけでは修復できずに全体をリフォームしなくてはいけなくなり、塗装をする何倍もの費用がかかってしまいます。 放置せずに定期的な外壁塗装でメンテナンスを行うことが費用も抑えられて安心して暮らせます^^   =================================== 最後までお読みいただきありがとうございました。 諫早市・大村市で外壁塗装・屋根塗装でお悩みの方はお気軽に田中塗装にお問い合わせ下さい。 田中塗装ではご相談・お見積もり・現地調査全て無料です!! お問い合わせはこちらから ※お電話での受付もお待ちしておりますのでお気軽にご連絡ください!! フリーダイヤル:0120-939-504 ショールームへの来店予約はこちらから 外壁塗装・屋根塗装のメニューはこちらから 田中塗装の施工事例はこちらから   田中塗装の塗装専門ショールームはオープン中! ショールームご来店予約:こちらをクリック [myphp file="comContactTel"]   2024年03月05日 更新 詳しく見る
外壁・屋根材外壁塗装・屋根塗装の基礎知識新着情報スタッフブログ
オペレーター

相談・診断・見積は無料です!!お気軽にご連絡下さい。

電話でお問い合わせの方はこちら 0120-939-504電話受付時間 9:00~17:00(日曜日定休)

来店予約でQUOカードプレゼント ショールームへ行こう! お気軽にご相談ください お見積り依頼はこちらから

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!