現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > 塗装業界で話題の遮熱塗料の効果! 諫早市・大村市でお家の塗…

塗装業界で話題の遮熱塗料の効果! 諫早市・大村市でお家の塗装するなら田中塗装!

新着情報 2019.02.13 (Wed) 更新

ご観覧の皆様、こんにちは!

諫早市・大村市地域密着型、

【外壁・屋根塗装&雨漏り専門店の田中塗装】 です!

本日は、遮熱塗料の効果について、

お話していこうと思います。

 

昨夏の猛暑・・・

すごかったですよね。

 

「本日は猛暑日になります。」

と、何度天気予報で聞いたでしょうか?

 

今年も、来年もずっと聞くことに

なるのでしょうか?

 

「きっと毎年聞くことになっていくのかな。

なんて個人的には思っています。

 

ちなみに猛暑日とは、

最高気温が35℃以上の日を言うみたいです。

 

周囲からも

「昔はこんなに暑かったかな?」

という話をよく耳にします。

 

過去の長崎県の1年間の平均気温が

ネット上に掲載されていましたので

ご紹介します。

 

見るとわかりますが、

じわじわと平均気温が上昇しています。

 

グラフを見ると、

昔はもう少し過ごしやすかったかなと

想像できます。

 

 

「熱中症」

この言葉も昨夏何度も聞きました。

 

判断が遅れ、対応が遅くなると

大変なことになります。

 

このような猛暑の中、

塗装業界では、遮熱塗料が非常に注目されています。

 

しかし、遮熱塗料が

どれぐらいの効果を発揮するのか。

わかりませんよね?

 

そのようなお客様の悩みを解決する道具が

田中塗装ショールームには準備されています!

 

 

こちらの画像がその道具です!

 

どちらも黒色の塗料を使用し、

同じ条件で色見本をライトで照らしています。

違いは遮熱効果の有、無のみです。

 

約10分ぐらい照らしていると、

見本パネルの表面温度に約15度の差が出てきました。

15度の差と聞くと、

すごい!と感じられますが、

あくまでも塗膜の表面温度です。

 

私個人の独断と偏見からの予測数字ですが

一般住宅では、屋根・外壁のどちらも

遮熱塗料で塗装した場合、

約-2~3度程度だと思っています。

 

それほど差はないなと感じられた方もいると思いますが、

マイナス2℃違えば、それなりに涼しく感じられます。

期待する効果を理解していれば、納得できる数字だとは思います。

 

大切なのは、塗膜の表面温度だけを見せている

誇大広告に惑わされず、期待しすぎないことです。

 

夏の暑さを少しでも和らげたい。

という方にお勧めなのが遮熱塗料なのです。

 

遮熱塗料に興味を持たれた方は、

屋根塗装・外壁塗装のサンプルを

多数揃えておりますので、

ショールームへお気軽にご来店ください。

 

屋根・外壁塗装のご相談は、まず

諫早市・大村市地域密着型!

【外壁・屋根塗装&雨漏り専門店の田中塗装】へ!!

                                        

調査・お見積りは無料ですので、

お気軽にお電話、お問い合わせください。

 

 

 

ご相談お見積り診断無料!!お気軽にご相談下さい

0120-939-504電話受付時間8:00~17:00(日曜日定休)

ご相談・お見積り依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにもぜひ他社の見積りと比較してください!!