現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > フッ素REVO革命(続き)

フッ素REVO革命(続き)

新着情報スタッフブログ 2022.04.05 (Tue) 更新

みなさん、こんにちは!

長崎県諫早市、大村市に地域密着30年以上の外壁塗装、屋根塗装、雨漏り補修専門店田中塗装です!

諫早市・大村市の田中塗装の現場日誌は、施工現場の最新情報、塗装の豆知識、お得なキャンペーン・イベント情報など、外壁塗装・屋根塗装をお考えのお客様にお役に立つ情報を発信しております!

 

前回のフッ素革命の続きをご紹介します。

 

高耐候性とは??

 

劣化に強いフッ素樹脂により高耐候性を実現し

建物を長期間にわたって保護します。

促進耐候性試験(キセノンランプ式)において約16~20年(期待耐用年数)経過した後も光沢保持率80%以上を保持します。

従来の一液水性フッ素塗料を凌ぐ高耐候性を発揮し、建物を長期保護してくれます。

技術①数種類の一液水性フッ素塗料よりフッ素成分を約2倍配合

フッ素樹脂は結合エネルギーが高いため紫外線などの劣化要因に破壊されにくく高い耐候性を発揮する特徴があります。

成分含有量が多いほど、紫外線により破壊されにくくなるため、高い高耐候性を発揮します。

技術②結合力の強い「完全交互結合型フッ素樹脂」を配合

フッ素樹脂は、劣化しやすい成分同士で結合している、交互性の低い箇所があり、その箇所が紫外線に破壊されることで塗膜の劣化が進行します。

フッ素REVO1000(IR)は、劣化しやすい結合箇所が少ない「完全交互結合型フッ素樹脂」の採用により、紫外線に対して優れた耐候性を発揮。

技術③ラジカル制御型の白色顔料を配合

塗料中の白色顔料の主成分「酸化チタン」は、紫外線の影響を受けると「ラジカル」と呼ばれる劣化要因を発生させ、

このラジカルは、樹脂の結合を破壊し、塗膜の劣化を促進します。

フッ素REVO1000(IR)は「ラジカル制御型白色顔料」を採用します。

ラジカルが発生した場合にも、シールド層がラジカルの放出を防ぐために、塗膜の劣化を抑制してくれます。

 

 

 


田中塗装の塗装専門ショールームはオープン中!

ショールームご来店予約:こちらをクリック

ご相談見積もり外壁診断雨漏診断無料です

お気軽にお電話でご相談ください!!

0120-939-504電話受付 9:00~17:00(日曜日定休)

 

ご相談お見積り診断無料!!お気軽にご相談下さい

0120-939-504電話受付時間9:00~17:00(日曜日定休)

ご相談・お見積り依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにもぜひ他社の見積りと比較してください!!