現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > 外壁塗装・屋根塗装が必要な状態の例 |諫早市 大村市…

外壁塗装・屋根塗装が必要な状態の例 |諫早市 大村市 外壁塗装&雨漏り専門店㈲田中塗装

新着情報スタッフブログ 2019.04.18 (Thu) 更新

こんにちは!

諫早・大村を中心に

活動しております。

長崎県諫早市・大村市密着

外壁塗装・屋根塗装&雨漏り専門店の田中塗装です!

 

外壁塗装・屋根塗装はお家がどのような状態の時に

必要なのか、その症例を本日は書いていこうと思います。

 

外壁、屋根などは、必ず経年劣化してしまいます。

 

維持するのにお金がかかってしまいますが、

だからと言って放置しておくと倍以上に

お金がかかってしまうこともあります。

 

早めに塗装、コーキングの打ち替えなど行っていれば

ボードの中に水が入らず、塗装のみでの工事で済んでいたのに、

放置したことにより、ボードが反っていしまいボードを変えなければいけなくなり、

塗装の倍ぐらいのお金がかかってしまった。

という事例も今まで沢山ありました。

 

こちらのブログをご覧の皆様には、

そのような事態にあわれないように、

これらが発生していれば点検・補修が必要なタイミングです。

というのを書いていこうと思います!

 

①屋根や外壁に苔・カビなどが繁殖している。

外壁や、屋根表面の防水機能が無くなっているため、

苔・カビが繁殖しやすい状態となっています。

 

苔から水が入り、

雨漏れへと繋がることもありますので要注意です。

 

②屋根材・外壁の反り返り

目地の劣化による割れや切れ目、

外壁表面の防水機能の低下による雨水の侵入によって

吸収や乾燥を繰り返すことにより

材料が反り返ってしまい雨漏れ、滑落の可能性もあります。

 

 

③外壁ボードの留め釘のうき

屋根の板金部分や、外壁ボードを止めるための釘です。

これらの釘は経年劣化していくうちに浮き始めます。

 

この隙間から雨水が入り、基材が反り返り割れる原因になります。

 

④チョーキング現象

指でサッと触ったときに塗料がついてしまう症状です。

この状態では、防水機能が働いていない状態です。

 

⑤軒天のシミ

軒天の染みは雨染みで、雨水が浸み込んでいます。

 

上記であげた様に、様々な症例がございます。

そういった部分を私達が直接チェックすることで

どう対応していくか考え、お客様の予算などと

相談して施工内容を決定していきます。

 

 

電話でも構いませんのでお問合せお待ちしております。

外壁塗装・屋根塗装のご相談は、

創業30年!

施工実績1000件以上の施工実績!

安心の自社塗装職人!

諫早市・大村市地域密着!

外壁塗装・屋根塗装&雨漏り専門店 田中塗装に

お任せ下さい!

お電話・お問い合わせはこちら!

ご相談お見積り診断無料!!お気軽にご相談下さい

0120-939-504電話受付時間9:00~17:00(水曜日定休)

ご相談・お見積り依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにもぜひ他社の見積りと比較してください!!